消費者金融の審査

| コメント(0) | トラックバック(0)

消費者金融の審査といえば、年収、勤続年数、居住年数、年収に対する借入額や返済比率、今まで利用した他のキャッシングやローン等の返済状況といったものが代表的です。

その中でも特に重視される審査項目というのが、「年収に対する借り入れ額や返済比率」、および「今まで利用したキャッシングやローン等の返済状況」になります。

年収の額についても、もちろん重要な要素ではありますが、「高年収だけど他社での借金が多く、さらにこれまでに返済が何度も滞りがち」という人。

「低年収だけど他社で借金は特になく、これまでに利用したローンやキャッシングについても、すべて延滞なくきちんと完済している」という人とでは、間違いなく後者のほうが審査に通る可能性が高いです。

syouhisyakinyu-shinsa.jpg

中でも、年収に対する借入れ額については、「年収の3分の1まで」という総量規制があるため、キャッシング会社としてもこれを守った融資をしなければならないため、特に慎重に審査するようになっています。

つまり、消費者金融の審査基準は「分不相応な額の借り入れではないかどうか」、返済する能力はもちろんですが、「本人にきちんと返済しようとする意思があるかどうか」を重視する、ということになります。

返済の延滞などについての判断は、消費者金融の場合、銀行系や信販系ほどシビアではないと言われていますが、だからといってそれも限度というものがあります。

ごく短期間の延滞で、回数も少なければ、消費者金融会社も審査を通してくれる可能性はありますが、さすがにブラックリスト入りをしているほどの延滞等になると、審査を通ることは難しいでしょう。

なお、会社ごとに審査基準が違うということで、審査基準が甘い消費者金融を探したいなら、「金利設定が高めな消費者金融」に申し込むようにすれば、多少は審査に通る可能性がアップするかもしれません。

それは、審査基準の甘さと金利の高さはある程度比例するところがあるからです。また、少しでも消費者金融の審査に通る可能性を上げたいなら、やはりきちんと返済をするように心がけることでしょう。

直近までダラダラ延滞を続けている人に貸してくれるところは、そうありませんから、「過去に延滞があったけど、ここ最近は確実に返済している」という、返済意思の改善を見せることが必要になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jukola2006.net/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、murataが2013年11月29日 18:39に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「消費者金融の審査に落ちた原因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。